上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

これから開発しようとする新しい技術について特許調査をかけるとします。
うちは調査業務を外注することが多いのですが、
その時に気をつけなければいけないのが

先願調査なのか(その技術で特許を取得出来る可能性があるか)
侵害調査なのか(その技術が他社の特許を侵害しないかどうか)

どちらの調査なのかを明確にして指示を出すことです。

この2つの調査、確かに目的は異なりますが
調査の結果自体に変わりないじゃん、と思ってました。昨日までは。

でも、実は頼み方で調査結果が変わってくるのです。
それってなぜだか分かりますか?
特許調査をする場合、基本的にはIPDLに登録された情報を調査します。
その情報とは「公開公報」だったり「特許公報」だったりするわけです。

公開公報は出願された発明全て
特許公報はその中から登録査定された発明

で、さきほども書きましたが、2つの調査は目的が異なります。

先願調査は公開公報を中心に幅広く調べます。
侵害調査は特許公報だけに対象を絞るかわりに、
権利期限・年金納付状況なども合わせて確認する必要があります。

と、調べる対象が変わってくるので
出てくる調査結果も自ずと変わってくるわけです。

ご参考までに

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:0 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/88-6d293660
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。