上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

前回の国際出願の話で国際公開の話をしましたが
日本で出願された発明も基本的に全て特許庁のIPDLで公開されます。
決まりだから、と言ったらそれまでですが、これって一体何が目的なのでしょうか?
特許法の第1条にはこんなことが書いてあります。

この法律は、発明の保護及び利用を図る事により、発明を奨励し、
もって産業の発達に寄与する事を目的とする

特許制度を考える上で「産業の発達」が全ての基本になります。
今回触れる公開制度も例外ではなく産業の発達がベースです。

具体例をあげます。
ある会社がとある発明を出願しました。
日本では出願から18ヶ月で公開されます。
その公開された情報を見て他の誰かが

・その情報をもとに新しい事を考える
・重複した研究開発に無駄なお金と時間を使わない
・出願と同じレベルまでにたどり着くスピードを上げる

これらによって、産業の発達を促す、というのが公開制度の趣旨なのです。
韓国や中国は3点目を利用して急速に日本に追いついてきました。
(IPDLへのアクセス数を見ると国内より海外が多いのです)
これを持って卑怯、ずるい、という人もいますが
日本の特許法の観点から言うと全く持って正しい使い方と言えます。
彼らをずるいと言う前に我々は1点目の観点で前に進むスピードを上げるべきです。

と、まあ冒頭の「なぜ公開されちゃうの?」の疑問に関してはこれが答えとなります。

最後に例外的ではありますが、出願しても公開されない場合をあげます。

・公開前に取り下げした場合
・公開前に拒絶査定された場合

「発明を公開する代わりに独占する権利を与える」というトレードオフが
特許制度の考え方ですが、上の2つは独占権を与えられる可能性が無くなり
トレードオフが成り立たなくなったから、というのが公開されない理由です。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/97-dc138d8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。