上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

特許の譲渡とか、クロスライセンスとか、ライセンス収入とか、
自分が所有する特許を自分の事業だけで価値を生み出すのではなく
他者をうまく使ってお金を生み出す方法がいくつかあります。

その際にやり取りされるのが「実施権」というものなのですが
この実施権とはいったい何でしょうか?
前回の「独占的排他権」の考え方を軸に説明してみたいと思います。
まず、独占的排他権のおさらいです。

独占的排他権 = 特許の権利範囲から独占的に他者を排除する権利

ですね。ポイントは「他者の排除」です。
特許権者には他者を排除する権利があり、
さらに言うと誰を排除するか選択する権利があります。

まずはここまで押さえてください。

これを踏まえて「実施権」の話に移ります。
実施権には「通常実施権」と「専用実施権」の2種類があります。

■通常実施権
特許の権利範囲を侵害しても排他されない権利です。
排他されない=特許権者から訴えられない、と思ってもらってよいです。
特許権者とすれば、あなたを訴えませんよ、と宣言するだけなので
複数の相手に対して通常実施権を与えることも可能です。
通常実施権をもらった人は、ただ排他されない権利を得ただけで
実施権を持っていない他者を訴えたりする権利はありません。

■専用実施権
自分だけが特許の権利範囲から排他されない権利です。
効力的には特許権自体を譲渡されるのとほぼ同じと思ってよく、
譲渡との違いは一定期間後に返還したり、実施地域を絞ったり、が主になります。
専用実施権をもらった人は特許権者と同じく他者を排除する権利を与えられ、
特許権者自身を排他することも可能となります。

実施権の話は「権利行使」の肝なので、
制度的な話も含めていつか詳しく書きたいと思います。

にほんブログ村 士業ブログ 弁理士へ にほんブログ村 経営ブログ 法務・知財へ  応援の1クリックお願いします!

【最近はtwitterに力を入れてます。良ければそちらもご覧ください!(顔出し中)】
 twitterやってる人はこちら(twitter)
 twitterやってない人はこちら(つぶやきログ)

 「知的財産やってみなはれ」記事一覧   TOPページ

 おもしろいと思ったらぜひソーシャルブックマークを!

Comment:1 | TrackBack:0
Secret

TrackBackURL
→http://chizaisupport.blog7.fc2.com/tb.php/98-8c9a9ae6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。